my lesson ♪classic

・講座・お勉強・練習
10 /20 2012
今日はクラシックピアノのレッスンを受けに行ってきました。

通常のレッスンに加えて、シベリウスの「樅の木」も見ていただきました。
この曲は、数年前の「ステップ」の時、トークコンサートで演奏された曲です。
その時、あまりの美しいピアノの音色に涙した曲でもあります。
 
その後、自分なりに練習しましたが・・・全然違う。
楽譜はそんなに難しくないけれど、聴こえてくる音が違う。

レッスンで1回聴いていただくと・・・
師匠「樅の木を見たことがありますか」から始まり
作曲家シベリウスの事、曲のイメージ・・・と全体像から優しい口調でお話してくださいました。

実際の演奏上の弾き方に入っていくと・・・
手や指の使い方、間、フレーズの捉え方などで音色が変わっていきました。

師匠が部分的に「こんな感じで」と弾いて下さると
師匠の手から魔法のようにいろんな音色が生み出され・・・もう涙 

それからは泣きながらレッスンを受けていました。
音色に感動し、ただただ嬉しくて

その後もレッスンは続き
師匠は踊りながら体全体を使って指揮者のように曲のイメージを伝えてくださいます。
時には腕を組み考え込みながら「明る過ぎます。もっと・・・」とご意見。
時には「そうそう。揺れる葉っぱが私には見えました~」と誉めてくださり。

気づけば2時間近く・・・。
嬉し涙を流せるようなこんなレッスンができるよう
自分自身勉強中です。

♪樅の木

 演奏:杉谷 昭子 PTNA『ピアノ曲事典』より転載/参照

コメント

非公開コメント

ぴあのさんへ

まさにその一言!
その時間が持てる事に感謝です。ありがたいね~!(^^)!

No title

しあわせな時間やね~・・・・。

空美さんへ

師匠の温かいオーラに包まれながらのレッスンで癒され、とても勉強になっています(^o^)。
師匠との相性バッチシ~☆

感動・・・。

感動のレッスンですね☆。・。・
「樅の木」私は高雄有希さんのリサイタルで聴いて
JAZZの曲かと思うほど即興的で、心が揺さぶられました。
いつかcasamikoさんの樅の木も聴かせて下さい♪

piano casamiko