中学校の合唱コンクール

・コンサート・イベント
09 /29 2013
今日は我が子の中学校へ合唱コンクールを聴きに行ってきました。
学年ごと、クラス対抗のコンクールです。

合唱コンクールって良いですね。
運動会のような派手さはないけれど、
静かな中に戦いがあって

聴いていると、クラスによって持ち味が違いました。
元気いっぱいのクラスかな?
アイデア好きの楽しいクラスかな?
歌声が揃ってる。まとまっているクラスかな?
そんな違いを楽しみながら
そして、子ども達の成長している姿に目を細めながら心地よいひとときでした。




今回、元生徒さんや我が子がピアノを伴奏をさせて頂きました。

結局、我が子は私に「弾き方教えて~」という事もなく
自力で練習し、本番に臨んだのでした。
本人も「最初から最後まで自分だけで弾いた曲って初めてだね~」と笑顔。

途中、何度も「そこ、違う~」と突っ込みたい気持ちをグッと我慢する母(私)。
「あの弾き方で良かと~?」と、私に言う旦那
家族の心配をよそにマイペースで練習する我が子

それでも時間と共に不思議と良くなっていくのです。

母が言わずとも自分で気づくものですね。
母が指摘するとその場では直るけど、すぐ忘れ・・・母はまたイライラ(^_^;)
自分で間違いに気づくと、万が一また間違えても自分で直そうとする。

弾きこんでいくうちに音色も変わってきて・・・

今回の事で我が子のピアノも自立できたかな。

コンクールが終わっても楽譜棚から楽譜を引っ張り出して弾いたり
急に「ひこうき雲弾きた~い」と言い出したり・・・。

宿題に塾に部活に忙しい中学時代ですが
隙間時間にピアノも楽しんでいるようです。
せっかく基礎力がついたんだから楽しまなきゃね
考えてみたら中・高時代が一番音楽にはまる時代かも。


我が子も成長したけど、母もちょっぴり成長できたかな(^_^)v

コメント

非公開コメント

Re: のりのりさんへ

キャー!のりのり隊長さんコメントありがとうございます。

最近、長男を見ながら
あと何年子のこと一緒に生活できるんだろう・・・
あと何年この子のピアノを聴いていられるんだろう・・・
あと何年・・・と
切な~い気持になります。

そう思うとピアノを弾いてくれる長男がありがたくてね。
今を大切にしないとと思います。

早く親離れ、子離れしたい~と思っていましたが
そういう時が来るんですよね~。

先輩ママののりのりさんは、それを乗り越え
また違う目で我が子に接してあるんでしょうね~。






母も子も、素晴らしい!!
大きな拍手だわ!!!

分かっちゃいるけど、つい口出ししちゃうのが
ピアノ教師の母。

我慢することほど難しいものはないもんね。
良く我慢できました。偉い!!

中学生にしてもう立派に自立できてるね。

上手に育てたよ。

piano casamiko