中学男子のピアノのある生活

・歳時記
09 /28 2014
我が子ネタです。
毎日必死で何時間も頑張って練習されている中学生もいっぱいいらっしゃいますが、
我が子はいたってマイペース(^_^;)。
最近では週3日、30分ほど弾く程度。


先日、中学校の合唱コンクールでピアノ伴奏をさせてもらっていました。
合唱曲については、私はノータッチ。
自発的に練習できる機会と捉え、何も言いません。
7ページの楽譜を自分で読譜し練習し、本番も頑張って弾いていました。

小学生の頃から毎日30分位しか練習していないですが、
弾きたいと思った曲を自力で何とか弾けるようになってきました。
時々、楽譜棚からボカロの楽譜を取り出して遊び弾きもするようになってきました。



中学生くらいになると、音楽や流行りの曲にも興味が湧いてきます。
自分からCDを聴き、コンサートにも行くようになってきます。
そう考えると、小学生時代は音楽好きになるための下準備の期間なのかな(^o^)

ピアノを続けてきたので、聴くだけでなく、弾くこともできるのでより音楽を楽しめて便利。
さあ~音楽をいっぱい吸収できる10代。
いろんなジャンルの音楽をたくさん聴いて欲しいと願う母です。


先日、 「〇にとって、ピアノって何?」と聞いたところ
「日常。あって当たり前。一人暮らしをするようになってもキーボードは部屋に置きたいな。」



こんな中学ピアノ男子もいます。(最後までお読みいただきありがとうございました。)


コメント

非公開コメント

piano casamiko