ゲンダイオンガクって面白い!

・コンサート・イベント
01 /23 2011
 

今年初のライブ『ゲンダイオンガクって面白い!』に家族で
行ってきました
我が家の行動はいつも家族単位。子どもを置いて行くわけにもいかず、幼稚園児でも行けるコンサートを探して、たまーに生の音楽を聴きに行っています。
 


  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

『現代音楽』って好んで聴いた事もなく、小難しい世界。食わず嫌い的な分野でした。
どんなコンサートなんだろうと行ってみると・・・人生初の世界
 
出ている音を聴くというよりも
 
「出した音の行方を聴く」 「出した音の空気を聴く」 「空気の揺らぎ、振動を聴く」
 
例えるなら、トライアングルを叩くと「チ~ン」と音がする。
その「~」の部分をよ~く聴く。響きを感じる。
音の空間を聴いて味わって感じるコンサートでした。
 

そんな中で面白かった曲が
サクソフォンの大石将紀の「Grab it!」
舞台後ろに音楽に合わせた映像が流れ“音と映像”がシンクロし、面白い世界を作りあげていました。楽譜ってどんなになっているんだろう。。。
 
野尻さんのビブラフォンの音色が柔らかくウットリ。叩いた後の「うあ~うあ~」というビブラフォンの音の揺らぎが気持ちよく、伝わってくる空気を聴いているようでした。
 
このトリオでのピアノの音色、
今日はピアノが打楽器に思えました。
指、手、腕、体の筋肉をコントロールし、指先から多彩な音色を出されてあり素晴らしかったです。
 

3人のそれぞれの音(空気)だけでも聴きごたえがあって満足なのに、映像
が入ったり、曲の解説があったり(これ大事)、サックスと太鼓が会場を歩いてくださったり・・・タイトル通り、面白い世界を味わいました
これは、ほんと生で体験しないとわからない世界ですね。ライヴ最高!
 
 
 
 
 
 
 

コメント

非公開コメント

piano casamiko